MENU

借金から復活したい方へ

借金まみれの男性

 

借金だらけで、これから先どうしていいかわからない。
日々の生活が一杯一杯で、考えることすら面倒になる。

 

一日中お金のことを考えなければいけないのは、本当に苦しいですよね。

 

私自身も債務整理を経験するまで、今この状況をどうすればいいのか、本当にわかりませんでした。
一人で考えていると、どんどん思考がおかしな方向へ行ってしまうんですよね。

 

あとで詳しく話しますが、自営業の倒産、パチンコ依存、そして借金まみれ。
何やってんだか・・・。
自分の場合、80歳間近の親に泣かれてから、我に返りましたね。

 

そして、借金から解放してくれたのは、ひとりの弁護士の先生でした。
先生とはここで知り合いました。

 

借金無料診断サイト

 

サイト上の無料診断が縁で、実際に相談することになったんです。
自己破産しかないと、ちょっと絶望してたんですが、それ以外の方法があることも教えてくれました。

 

今も借金は返済してますし、生活は苦しいですが、どん底の状態からは脱出できたと思ってます。
おかげでこうやって、借金返済の体験談をホームページにまとめることもできてます。

 

返済の限界

 

私以外にも180万円の借金を裁判なしでゼロにした人もいるようです。
全員がそんなにうまくいくわけではないでしょうが、借金のことを誰にも相談できない状態なら診断だけでも試してみてもいいと思います。

 

誰かに自分の借金をさらすのは恥ずかしいですが、自分だけで抱え込んでるのはもっとツライですよ。
自分がどういう状況にあるのか、診断してもらうだけで、少しでも気分は晴れるとおもいます。

 

借金を減らす方法について無料診断してみる

 

よかったら、拙い文章ですが、自分が借金から復活した方法についても、このあと書いてますんで、読んでください。

 

 

無計画に開業。そして失敗

自営業に失敗

数年前、パン・菓子製造の小さなお店を始めました。
自己資金もほとんどない中、今思えばかなり無謀な開業でした。

 

内装工事費など思った以上に開業資金がかさみ、資金が足りなくなったためカフェを経営している知り合いが借り入れをしたことがある、地元の信用金庫を紹介してもらいました。
数ヵ月後に養老保険が満期になる予定だったのですぐ返すつもりだったのです。
その旨説明したのですが、借り入れするにあにはお店の売り上げ予定や経費予定など事業計画を出さなければいけないと言われました。

 

しかし、かなりざっくりしたものを提出してダメ出しされてしまいました。
そして、数ヵ月後に満期になる保険を今解約して担保に入れれば貸せると言われました。
銀行からお金を借りるというしくみが分かっていなかったため、あと数ヶ月で満期になる保険を今何故解約しなければいけないのかと思いました。

 

結局、内装会社の方に支払いを延ばしてもらい、満期金が降りたあとに支払いをすることになったため、信用金庫からは借り入れはしませんでした。

 

その後、開業したもののすぐに運営費がなくなりました。
あの時、しっかりと借りていればよかったのかもしれません。

 

結局、生命保険の貸付金を利用して急場を乗り切りました。
しかし、お店は5年と持ちませんでした。
私に商売の才能がなかったんでしょうね。

 

「いつかは自分の城」と思って憧れていた自分の小さな店もあっけなく終わってしまったんです。

 

 

本当の借金地獄は店を辞めてから始まった

借金地獄の始まり

 

店を閉めてからは運良く、パン製造の関係の会社に勤めることができました。
パン製造のスタッフとしての仕事で、朝3時から昼2時まで働くという仕事です。
でも、一時期でも経営者として働いたという変なプライドがあったのか、仕事に身が入りませんでした。

 

やりきれない、モヤモヤする思いを解消するためにパチンコに通うようになりました。
それまでほとんど興味がなかったギャンブルにハマってしまったんです。
最初はなけなしの小遣いの範囲でやっていましたが、すぐに足りなくなり、カードローンで借りるようになりました。
1社、2社・・・クレジットカードのキャッシングも合わせると、気づけば200万もの借金が積み上がっていたんです。
もう、自力では返済・復活できない金額でした。

 

パチンコにはパン屋の仕事が終わってから行きます。
ひどい時は閉店までパチンコを打ちます。
そのまま仕事に出るのでほとんど寝ていません。
眠くて仕事にならず、ラインのチーフから注意を受けることも多くなりました。
それでも、パチンコはやめられません。
その時私はギャンブル依存症になっていたんです。

 

親のすすめで任意整理。借金額が大幅に減った

親に迷惑

 

朝から昼間で仕事、その後パチンコという生活が半年近く続いたため、不摂生がたたったのか、私は肺炎にかかり、入院することになりました。
しかし、その時私は入院費を払うことすらできません。
入院中に見舞いに来てくれた親に、入院費を貸してほしいと頼みました。
すると、私の様子がおかしいことに気づいたのか、ギャンブルで多重債務になっていることを白状することになりました。

 

驚いた親は泣き崩れました。
この時は本当に情けないと感じました。
でも、年金暮らしの親も200万以上もの金を貸してくれる余裕はありません。

 

親のすすめもあり、借金の整理をすることになりました。
自己破産はみじめだなと思っていたら、相談した弁護士さんには任意整理を勧められました。
(私が最初に相談した弁護士さんはここで見つけた方です。)

 

借金の額がさほど大きくなかったことと、サラリーマンとしての収入でなんとか今後も返済できるというのが理由です。
弁護士さんに依頼すると、それまで届いていた督促の郵便や、取立ての電話が一切なくなりました。
これは精神的に楽になりました。

 

そして、弁護士さんが貸金業者と交渉してくれた結果、200万ほどあった借金がおよそ三分の二以下になったんです。
私が払える範囲で利息を計算しなおしてくれた結果これだけ減額されたんです。

 

弁護士さんへの報酬は必要でしたが、それでも50万円以上の借金が減ったことになります。
金額もありがたかったですが、借金が減ったことで気持ちが軽くなったことに、一番の喜びを感じました。
これで借金から復活して、普通の日々が送れるかも、将来に希望が見いだせた瞬間でした。

 

借金がいくら減る相談できるサイトはこちらです

 

借金から復活。もう二度とパチンコはしない

借金から復活の希望

債務整理から半年、今はパチンコはやっていません。
今でも時々やりたくなる時はありますが、ぐっと我慢しています。
それもこれも、親を悲しませてしまったという思いからです。
いい年して何やってるんだ。早く結婚して孫の顔でも見せてやらないとと、心底感じました。

 

借金は未だに返済していますし、給料は安月給なので、生活は苦しいです。
でも、家族に迷惑をかけたり、誰かを悲しませたりすることほどツライものはないと思います。

 

このサイトを見てくれているあなたも、今借金を抱えて苦しいかもしれませんね。
債務整理をすると、生活に不自由な部分もあり、生活に不満も出てきます。
それでも、今の苦しい状況からは解放されます。

 

私自身、任意整理して今の生活が100%幸せというわけではないですが、少なくとも借金まみれだった時よりは、穏やかな日々を送っています。
あなたもどうか、借金から復活してされおだやかな日々を送ってください。

 

\あなたにあった借金整理方法がわかる/

街角法律相談所はこちらです