MENU

ブラックリストの実態

皆さんも、「ブラックリスト」という言葉くらいは聞いたことがあるでしょう。
このブラックリストが、任意整理などをして借金から復活をするのに大きな足かせとなります。

 

そもそも、ブラックリストというリストが実在するわけではありません。
任意整理など金融事故の情報を信用情報機関が「事故情報」として登録すること、これを俗にブラックリストと呼んでいるのです。
現在、日本には3社の信用情報機関があり、それぞれがブラックリストを持っています。
キャッシングやカードローン会社が新規申し込みを受け付けると、これらの貸金業者は信用情報機関に個人情報の開示請求を行ない、信用情報を閲覧します。
そこでブラックリストに入っていると、ほぼお金を貸してくれません。

 

債務整理以外の事故情報とブラックリスト

やはり気になるのは、どんなことをするとブラックリストに掲載されて、それはどのくらい残っているのかということ。
債務整理ではありませんが「多重申し込み」もブラックリストに掲載され、おおむね半年間記載されてそれ以降は消滅します。
延滞をしてもブラックリスト入りします。

 

延滞を続けている限りブラックリストには掲載され続け、延滞状態が解消されても信用情報機関によって1年〜5年は残ります。
代位弁済もブラックリストの対象で、これは保証会社が債務者の代わりにローン会社に返済をしたときになるものです。
住宅ローンや銀行のカードローンなどで発生する可能性が高いのですが、一部信用情報機関では5年間ブラックリストに掲載されます。
カード会社やローン会社が強制的に解約をする「強制解約」でも、一部信用情報機関で最長5年間掲載されます。

 

任意整理は掲載期間が短く、自己破産が長い

債務整理の中では、任意整理が比較的掲載期間が短く、どこの信用情報機関でも5年程度でブラックリストから消滅します。
そして、債務整理の中でも最も重い自己破産になりますと、信用情報機関によって5年〜10年間は残り続けますので、この間は住宅ローンで復活を期そうとしても審査に通りません。

 

一度延滞・滞納した業者からは二度と借りれない

以上説明したのは、信用情報機関に掲載されているブラックリストの情報ですが、信用情報機関以外にもそれぞれの貸金業者オリジナルのブラックリストが存在しているともいわれています。
信用情報機関のブラックリストは掲載期間が定められていますが、貸金業者オリジナルのブラックリストは半永久的に残ります。
一度金融事故を起こした貸金業者を使っての復活は、これでまず不可能となるのです。