MENU

2つの債務整理方法を比較

借金から復活するための方法として、債務整理があります。
一口に債務整理と言っても、その中身には過払い金返還請求、任意整理、特定調停、個人再生、そして自己破産があります。
この中で最初に取るべき債務整理が任意整理、借金から復活のための最終手段が自己破産とも考えられますが、それぞれにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

任意整理のメリットは、周りに借金整理が気づかれにくいこと

・周囲に知られず交渉できる
官報に掲載されることもありませんし、裁判所を通して手続する必要もありません。
弁護士や司法書士を通して、貸金業者と復活のための交渉をすることができます。

 

・対象の借金を選べる
自己破産ですと、問答無用ですべての借金を帳消しにしてしまいますが、友人に連帯保証人になってもらった借金などは、それですと友人に請求が行きかねません。
任意整理ならば、復活の際に他人に迷惑がかかりそうな借金は任意整理の対象から外し、それ以外を整理することも可能です。

 

任意整理のデメリットは必ずしもできるわけではないこと

・できない場合もある
任意整理はあくまでも任意であり、貸金業者がそれに応じるも応じないも任意です。
強硬な貸金業者ですと任意整理に応じない場合もあります。

 

・借金減額効果は限定的
任意整理による借金減額効果は、良くて将来の利息カットくらいなもので、これまでの借金は返済していかなければなりません。
復活には十分でないかもしれません。

 

自己破産のメリットは借金チャラで人生リセットできる

・借金が帳消しになる
自己破産の唯一にして最大のメリットがこれです。
任意整理や他の債務整理ではどうにも復活できない、そんなときに自己破産を選択すればすべての借金が帳消しになります。

 

自己破産のデメリット、財産は処分、職業制限もある

・財産は処分しなければならない
原則として、20万円以上の価値のある財産は全て所有しなければなりません。
今後の復活の基盤となるマイカーやマイホームも決して例外ではありません。
そのため、マイカーやマイホームを残しておきたい方は、自己破産の手前の個人再生をおすすめします。

 

・ブラックリストに掲載される期間が長い
任意整理でブラックリストに掲載される期間は5年程度ですが、自己破産をすると長くて10年間はブラックリストに掲載されます。
この間は、住宅ローンはもちろん、クレカの新規申し込み、携帯電話の割賦契約もできなくなります。

 

・就業可能な職業に制限がある
他の債務整理居なくて自己破産にあるのが、職業の制限です。
保険会社の外交員や警備会社の警備員などは、自己破産をしてから3ヶ月〜半年程度は就業することができません。

 

 

以上、一長一短でどちらがよいとは言いがたい問題ではあります。
ただ、一般論的にいえば、自己破産は免責を受ければ借金はなくなります。その変わりに制約も大きく、人生にとってお金以外に失うことも多いです。
返済能力の限界を超えてまで、任意整理を選ぶ必要はないと思いますが、資力に少しでも余裕があるのであれば、自己破産は最後の選択肢として置いておくほうがよいのではないでしょうか。