芸能人借金からの復活伝説|借金地獄から這い上がった軌跡のまとめ

どん底に落ちた借金芸能人たちの生き様を見よ!そして、今借金に苦しんでいる人達へ明日を生きる活力を

23億円を完済した若大将

   

photo

うちのおばあちゃんが「若大将」こと加山雄三さんのファンなんですが、この方も莫大な額の借金を抱えていたそうですよ。
超がつくほど大物の歌手ですけど、23億円もの借金があったんですってね。

一体どうしてそうなっちゃったのか調べてみると、芸能人によくある「名義貸し」が原因でした。
ご親族が経営していたスキー場をはじめとするいくつかの事業がことごとく失敗し、借金がみるみる膨れ上がってしまったので、名義人である若大将が全額返済する事に……。
こういう事があるから、うかつに名義貸しなんて出来ないんですよね。連帯保証人もそうですけど。

いくら大物歌手とはいえ、23億円もの大金をポンと返済するなんて無理でしょう。
そんなわけで、「大物」のプライドを捨てて受けられる仕事は全て受け、必死にギャラを稼いで返済したんだそうです。
完済までにかかった期間がだいたい10年だそうですから、1年で2億3000万円払ったという事ですよ。
さすがすぎる。普通の一般人とか売れてない芸能人なら、とっくに自己破産してますよ。

今の若大将の貫禄も、そういった苦労を乗り越えて身に着けたものなんでしょうね。
どんな理由であれ借金は借金だけど、「苦労は買ってでもしろ」と教えられた私にとって尊敬対象です。

 

借金返済のために仕事を選ばなかった若大将

加山さんに限らず、名義貸しが原因で借金を抱えたり、莫大な損害を被る芸能人のエピソードはいくつかあります。
それにしても、あの若大将もかつてはそんな苦労をしていたんですね。
名前が売れている有名人の場合、それだけで注目されますから名義貸しの依頼が多いとされています。
それゆえ、芸能人はこういったトラブルに巻き込まれやすいのです。恐ろしいですね。

当時、1個の卵を奥さんと分け合って食べたというエピソードはかなり有名です。
すでに売れっ子ではあったものの、借金返済が圧迫しすぎて生活もままならなかったそうです。

 - 芸能人の借金