MENU

博打で作った借金の減額

パチンコで借金

借金にもさまざまな種類があります。 住宅ローンやマイカーローン、生活費のための消費者金融からのキャッシングなどがありますが、やむに已まれぬ借金は仕方ないとして、パチンコなどのギャンブルやキャバクラ遊びなどの浪費による借金も、家計を苦しめます。 そんなとき、復活のために債務整理をすることもありますが、債務整理の際に借金の種類を問われることはないのでしょうか。
任意整理の場合
貸金業者からすれば、貸したお金が返ってくればそれでいいわけで、貸したお金を何に使おうが一切関係ありません。 よって、ギャンブルや浪費が原因の借金は、任意整理の対象となります。
特定調停の場合
特定調停の借金減額効果は任意整理とほぼ同じなのですが、間に裁判所の調停委員が入るところが異なります。 調停委員からなぜ借金が膨らんでしまったのか、その理由を問われて、もちろん「ギャンブルや浪費」と正直に答えるべきでしょうが、原因が調停内容に直接的に影響を及ぼすことはありませんので、安心してください。
個人再生の場合
個人再生は、債務整理の中でも借金減額効果が大きい方法ですが、自己破産と大きく異なるのがマイホームを処分する必要がないという点。 このメリットがあるために個人再生を選択する人もいますが、そればかりが個人再生のメリットではありません。 個人再生をするためには裁判所に申し立てをするのですが、借金の原因がギャンブルだろうが浪費だろうが、それが個人再生の可否に直接影響を与えることはありません。
自己破産の場合
借金を帳消しにしてくれるという、債務整理の中では最も借金から復活の効果の大きな自己破産ですが、全ての借金を帳消しにしてくれるわけではありません。 対象とならない借金(免責不許可事由)もあり、そのうちの一つにギャンブルや浪費による借金があります。 ただし、ギャンブルや浪費による借金を自己破産に含めるか含めないかは、裁判官の裁量によって決まるのです。 裁量によって免責されれば、自己破産でも帳消しにすることができます。 ギャンブルや浪費による借金があまりに多い場合には免責は困難ですので、無理に自己破産をするのではなく個人再生を選択してギャンブルや浪費による借金を減らした方がいい場合もあるのです。

ちなみに税金などは対象外

ちなみに、全ての債務整理に言えることですが、税金の滞納も債務整理の対象とはなりません。 任意整理をしても自己破産をしても、借金から復活するためには税金の滞納は返済をしなければなりません。